一理を学ぶ時は、一理を行うべし
by 二宮尊徳

江戸時代後期の経世家、農政家、思想家である『二宮 尊徳(にのみや たかのり)』の名言。
一理を学んだら、それを実行に移すことが重要であるという意味をもつ。

おすすめの記事