ホテルに泊まるとよく目につくモノ「聖書」。
机の引き出しになぜ多くのホテルが聖書を入れているのか、その疑問を解決します。

ホテルの聖書は寄贈されたもの

聖書はホテル側が購入して積極的置いているというわけではありません。
聖書はギデオン協会というアメリカ発祥のプロテスタント系信徒組織がホテルに寄贈しているパターンが多いのです。
寝る前に聖書を読む習慣が多い外国人宿泊者向けに寄贈されています。
ギデオン協会はホテルのみならず学生等を中心に世界各国で様々なところで聖書の普及活動を行っています。

きっかけは戦後のマッカーサー

ギデオン協会が日本に来たのは第二次世界大戦後、日本人の再教育にキリスト教の教えを推し進めることを考えたマッカーサーが宣教師を派遣。その時にギデオン協会も海を越えてやってきたのです。
この聖書がきっかけでクリスチャンになる人もいるようで、意外とあなどれないものです。
聖書ではなく仏典が置かれているパターンもあるが、こちらは仏教伝道協会から寄贈されている。

おすすめの記事