沈黙を恐がらない

仕事や人間関係において、特に相手と自分の二人きりのときに気にしてしまいがちな「沈黙」。
無言の沈黙の時間がおとずれると、気まずい雰囲気から無理に間を埋めようと、慌てて会話をつなごうと無理をすることがあります。
強引に場をつくろうと話をするとやはり会話は長続きしないし、相手にも緊張が伝わってしまいます。
まずは焦らず落ち着いてみましょう。
無理に話を連発すると、相手がもしかしたら話したいことがあってもそれを阻害してしまうかもしれません。
もし、相手が話はじめたらしめたものです。

おすすめの記事